ferplast社の「カント」

今回、購入した鳥かごのご紹介です。
ferplast社のHPはこちら
この中の“カント”という種類の鳥かごで、わがやのように、仲良しなんだけれど同居は無理! という二羽にはうってつけのタイプ。大きな鳥かごの中央に仕切り網が入れられます。これなら、籠越しにご飯もあげられるよね、れい君!(←私の留守中にもこれをさせてあげたかったので探していたのです)
大きさは、 71W x 38D x 60,5H 今までHOEI手乗り35(35W×40D×53H)を二つ置いていたので、それほど大きいとは感じません。そして重さは、思ったより軽く(全体的にHOEIのほうが頑丈なかんじです)、上にスーパーでもらってきた荷物のもち手をつけて持ち上げてみると、HOEIの一つ分とそれほど変わらない気がします。
下のプラスチックもとても軽く上の網の部分もHOEIよりはヤワで軽いです。

では各部の説明に…。
まずは、扉部分。こちらは、前面に二箇所。前に開く形ですが、HOEIのように水平位置で止まらないので、その上にのったこことのナデナデタイムはできないかな~。

画像


扉は左右の少し上の部分にも一つずつあります。

画像


組み立て方は簡単で、底のプラスチックの上に出来上がっている網を被せるように載せ、左右にある留め具をバチッと嵌めます。

画像


その後、上の中央位置に境目の網を入れこみます。
底は、このように約30×30cmのトレーが入っています。そして、ferplast社の意向により、底(フンきり)網は付いていません。二羽とも、昼間、新聞紙を噛んで遊んでいるようです。ウンの上を歩くことになるので、ちょっと? とは思いますが、こぼしたご飯も拾えるので、それもまたよし…かなと思い、当分はフンきり網はなしで様子を見てみます。

画像


餌入れは、網のあいているところにはめ込むタイプなので、蓋をすれば簡単にはずれないので、ちょっといいかな~思いましたが、もしも餌入れが壊れてしまったら、↓のように、四角くあいているので、困ったことになるかも。

画像


画像


餌入れが全部で4個、そして、水入れ(バナナ型と同じ形)が2個、止まり木(プラスチック)4本が付属品として付いてきます。

画像


籠は、長い辺は横網で、餌入れを取り付ける左右の短い辺と仕切り網は縦網となっています。

画像


ご飯を食べるには、首を突っ込む形になるので、今までと違って鳥さんにとっては食べ辛いでしょうか。

画像


れいは、中々頭を入れられず、餌入れの前でうろちょろしていました。籠の外に餌が飛び散らないので、今までのように部屋が汚れないのは、私的にはうれしいかな~。

画像


二羽の間はグンと近づきました。二階部分ですが、れいのほうは37cmの籠についていたものを流用しているのですが、左右の網は縦網の上、引っ掛ける横網の部分の高さが同じでなかったので、約1cmくらい傾斜しています。ここは、短めのものを、今までと同じように接着バンドで取り付けています。

因みにネットショップはこちらですが、私が購入した時には、確か9月26日~29日までの期間限定割引と書いてあった気がしたのですが、今日現在もまだ半額で売っています。もしも買いたい!って思っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、今がお買い時かも…。
使用後の感想は、またBLOGで書かせていただきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

キキ
2008年10月07日 16:43
私がferplastを使っていた時は、
扉:クリップと輪ゴムを付け、水平に止まるようにしました。S字フックでもいいかも。
餌入れ:餌入れの中にすっぽりと入って、体で蓋を押し上げて出てしまうラブバがいたので、100円ショップの料理用アミでふさいで、普通の餌入れにしました。
餌入れに入っている姿はすごくかわいかったのですが、出られなくなったりするといけないので封印です。
水入れ:水入れにタオルが触れていると、上下のつなぎ目から水が滲み出してタオルが濡れてしまいました。
床:糞切り網が好きではないので、キクスイさんの焼き砂を敷いていました。鳥たちは足で掻き出したりして楽しそうでしたが、先日、横浜小鳥の病院の院長先生にはダメ出しされてしまいました。今は粒の小さい砂に替えていますが、それでもダメかもしれません。焼き砂については色々と意見が分かれているようなので悩んでいます。

長く書いてしまってごめんなさい。
kayoko
2008年10月07日 22:49
>キキさん
こんばんは。籠についての対処法を色々教えてくださって有難うございます。
扉、ナスカンでも挟みようによっては水平位置でとまりますね。でも、急いで閉めようと思ってもすぐには扉が閉められません。
それよりも、ここは籠を開けようと手をかけると籠の中から噛み付くので、困ります。
くさ太郎
2008年10月08日 20:30
我が家のオリビンと心は仲が悪いので、もともと使えませんが、なかなか良いですね
心@ズアカウロコは敷いてる紙を小さくちぎって水にジャッパンジャッパンつけたりして遊ぶので、底網が無いタイプは使えないですね。しかも最近!四隅の隙間から底網に片足をかけ、かた足を延ばして下の紙を取ろうとする所を発見しましたっっ!
下の紙を底の4辺から2~3センチ小さめに切って敷いてます
ウロコの遊び好きも恐るべし!です
KAYOKOさんちの2羽だと楽しめそうな設計ですね
ここちゃんの破壊活動が少し心配ですが
kayoko
2008年10月08日 22:29
>くさ太郎さん
ウロコインコちゃんも、紙で遊んだりするんですね。
ラブバちゃんのように、細長く切ったりはしないんですよね?
確かにイタリア製と言うこともあり(デザイン重視?)、HOEIより柔な感じのつくりなので、ラブバの破壊力で壊されそうな気もします(特に餌入れ)。
紙切りに夢中になってくれているならそのほうが安心かな。

この記事へのトラックバック