仕切り付鳥かごの利点

先週末金曜日からちょっと寒い陽気の東京でしたが、本日はようやく暖かくなりました。
昨晩は、会社の同じグループ(DTP)の1人が、今月一杯で退社することになりその送別会が行われました。30代半ば独身男性で、就職の厳しい現在ではありますが、若い頃からの夢(ライター…所謂物書き)に向かって具体的に歩みだそうと、一旦今の仕事を辞めることに決めたとのこと。この一月は有給休暇の消化で毎日お休み。夢を実現するべく並行してできる仕事を探していたようですが…現実にはなかなか思うようなお仕事はないようです。

ビール1杯と、サワーを3杯ほど飲んで帰宅した私は、今朝はちょっと寝坊して起きたのが8時。
お天気もよくベランダが気持ちよいので二羽をベランダに出しました。

画像


二羽の籠を監視しながら、私は部屋の中でトーストと珈琲で朝食中。
二羽は籠越しにご飯をあげたりもらったり。

画像


毎日帰宅すると、れいのご飯は見事に空っぽなのに、ここのご飯は結構残っている。それでも、ここの重さが変わらないのは、こんな風にれいにご飯をもらっているからなのでしょうか?
こんなことが出来るのも、この籠ならでは…。ドイツやアメリカではこのように、仕切りのある鳥かごは結構販売されているのですが、日本製では皆無のよう。おまけに輸入品も私が調べた結果では、この1種のみ。
Mitsukoママが言っているように、日本の籠メーカーさん、または輸入業者さん、こういう二羽のために2部屋に分かれている仕切りのある鳥かごを制作するか、輸入販売してくださいませ~。 

画像


「仲良しでも個室が欲しいんです」 by れいここ

画像


画像


4月26日に出かけたトトウリママの家での写真を貼ります。

まずは、私の左肩の上で、ばぶお母ちゃんに甘えるここの兄弟のこまめちゃん。

画像


ばぶ母さんも、こまめちゃんには優しい。

画像


こちらは、こまめちゃんそしてここと一緒に生まれた、てまりちゃん。

画像


ウリちゃんも若者に混じって元気に飛んでいました。そしてこんなところに止まったりしていました。

画像


ばぶお母ちゃんとここ

画像


後ろには、ここの兄弟の姿も。

画像


今回、ウリちゃんは、何故かれいを追い掛け回していましたが、いは逃げる一方。

画像


Mitsukoママの家の鳥さんたち。

画像


写した写真を見直してみたら、れいが写っていたのは、↑のエアコンの上の小さな姿1枚のみでした。

そこで、本日のれいを貼っておきます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

★HIROMI☆
2009年04月29日 21:56
そうそう。
こういう仕切りのあるカゴがないから、私は100均の網を使って仕切りを自作するハメに(><)
なんかおしゃれじゃないんですよね~、自分でやると(^^;;;
kayoko
2009年04月30日 21:41
>★HIROMI☆さん
HIROMIさんは自分で仕切りを作成しているのですか? すばらしい! 大き目の籠を買って仕切ると言う方法もあるとは思うのですが、出入り口は一つしかないし、仕切り網をうまく(抜けられないように)そして安全に取り付けられるかが課題ですよね。
この籠はよいことはよいのですが、餌入れの蓋が割りに簡単に外れてしまうので(ビセイはしませんが、ここは二度ほど脱走しています)、そこがちょっと問題かな~。普通の籠のタイプで仕切りがあると一番良いのですが…。
くさ太郎
2009年05月02日 01:50
ケージには色々苦労しますよね
心@ウロコが、網の下の敷き紙をどうしても取ってボロボロにしたり水につけたりするので、紙をしくのをあきらめました。水が無茶苦茶きたなくなるんですよ~。
網から足でカリコリと敷き紙を引っ掛けある程度浮き上がった紙を嘴で取る、と言う技です。迷惑です
kayoko(会社)
2009年05月02日 08:16
>くさ太郎さん
おはようございます。本日は出勤となっています。
我が家の籠は底網(糞きり網)がないタイプなので、二羽とも敷き紙を刻んで遊びます。だから朝は大きなウンPは削除してでかけるんです。
ここはラブバ特有の細く長く切る紙きりなんです。ところがれいは、なぜか奥の方の一角の紙を持ち上げ、三角形に大きく折りたたみます。そして、真ん中あたりからぼろぼろに小さく切るので、帰宅時には敷き紙は、斜めに半分ほどないのと同じ状態になっています。ビセイってなんとなく行動が独特です。

この記事へのトラックバック