来世…って

ここのところ気になって毎日覗いていたブログ。
5月5日の記事から更新が途絶えていましたが、21日にようやく新しい記事が掲載されました。…が、ご主人の記事でした。そう、奥様は乳がんで5月13日に天国に召されたとのこと。
私は乳がんと告知されてからネットで色々な方のブログページを参考にさせていただきました。その中でも、初めのころに出会ったページで、がん種が私と同じ粘液がん。粘液がんは比較的おとなしいがん種で、転移も少なく、命を脅かすことは少ない…と聞いていたのに、その方は13年前の5月16日に左胸の全摘手術を受け、リンパ節転移が無かったにも拘らず、その2年3ヵ月後に肺転移が見つかったのです。そして2年ほど前からは骨転移、さらに最近では脳転移の疑いも…。
がん種が同じでも、発症年齢はまだ30歳を超えたばかり(私の推測)と若かったこと、そして最近注目されているトリプルネガティブだったこと…と、私より悪い条件ではあるのですが、粘液がんはリンパ節転移が無くても血行性で転移することが多いと言われていることもあり、やはり侮れないなぁ…と思いました。
因みにトリプルネガティブとは、エスロトゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2の全てが陰性のことで、エストロゲンとプロゲステロンはホルモン感受性の関与、そして、HER2はHER2陽性(腫瘍細胞表面上のHER2蛋白《がん誘発能を有する特定遺伝子によって産生される蛋白質》が関与しているのですが、それが全て陰性ということは…。術後、再発予防のために使用できるお薬のうち、ホルモン治療薬も、HER2によく効くといわれているハーセプチンも効果なしで使用できず、化学療法(所謂抗がん剤)しか方法が無いということを意味します。しかも粘液がんについては、抗がん剤の効き目もあまりないと術後わが担当医から聞いたことがあります。
ただ、やはりおとなしいがんというのも確かなのかしらと思うのは、通常は遠隔転移(乳房以外)したら3~4年後には天国に旅立たれてしまう方が多い中、彼女は転移後11年生き抜いたのです。とても冷静で、理知的な文章で坦々と綴られていたブログですが、今年初めから体調がすぐれず、更にここ一月ほどで急激に悪化したように読み取れます。多分、ご本人は、もう少し前から体調が悪かったのかとも思います。
これまで何度か、天国に旅立たれたと言う記事をご主人が書かれているのを見ましたが、その度に改めて、がんは怖い病気なんだなぁ…と思い知らされます。宿主が消滅したら、がん細胞も生きていけなくなってしまうわけですから、なんとか折り合いをつけて共生できる方法がみつかるとよいのですが…。
一度も、書き込みをしたことも無い方でしたが、ちょっとショックを受けております。
本当に心よりご冥福をお祈りいたします。因みにページはこちらです。

――--――--――--――--――--――--――--――--――--――--――

画像


本日は叔父の3回忌法要があり、横浜にあるメモリアルガーデン青葉の森まででかけてきました。昨年の日記にも書きましたが、NHKドラマで使用された霊園のようで出演者のサインがありました。

画像


現世は修行の場…と、よく言われますが、来世って本当にあるのかしら?

――--――--――--――--――--――--――--――--――--――--――

本日、午前中の二羽。ベランダで30分ほどお日様にあたりました。

画像


画像


画像


そして、お部屋の中で。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かずママ
2009年05月27日 23:10
この頃、有名人や身近な人で癌と闘っている人があまりにも多いので明日はわが身だと覚悟しています。とにかく早期発見!できるように検診は欠かせませんね。それから病気に負けない精神力を養うことでしょうか…
kayoko
2009年05月28日 07:11
おはようございます。
本当に、ここのところ有名人のかたの訃報が続きますね。それも私と年齢が近い方が…。
わが父はもう少しで88歳ですが、最近、ここまで元気で長生きできるってスゴイことなんだなぁと、しみじみ感じます。では、行ってきます。
hokutomama
2009年05月29日 10:03
おはようございます。
先日も栗本薫さんの訃報を聞き「同世代が癌に倒れて逝ってしまうなぁ。。」と思わず呟いてしまいました。

私の闘病中の友人は再入院をし、先週手術しました!
体力が回復次第また再度の抗癌剤治療が始まるようです。
免疫力をアップさせるお手伝いができればいいなと思っていますが。。。それくらいしかできないし。。
どうにか折り合いをつけて生き抜いて行って欲しいなと切に願っています。
長生きできるって凄いことなんだとつくづく思う今日この頃です。
kayokoさんも無理せずご自愛のほどを
kayoko(会社)
2009年05月29日 12:41
>hokutomama
こんにちは。
先日は、遠い所お出でいただきましてありがとう♪
栗本薫さんはたしか私と同じ病気も体験していたと思ったのですが、すい臓癌を患っていたのですね。
すい臓は手強いです。
それにしても、50代の死が続くと悲しくなりますね。
お友達も、早く術後のごたごたから回復して穏やかな日々が戻るといいですね。

また、声をかけるので遊びに来てね。
(私はすっかり病気を忘れて暮らしています。←いいのか悪いのか?)
くさ太郎
2009年05月29日 21:05
私も母も乳がんで片方を摘出しているので他人事でなく、こういう話題はドキドキします
おつりが来るほど親孝行した!と自負してますけど、きっと「その時」がきたら「もっと出来る事があったのに」って後悔するんだろうな、とか考えたりします。
親子だし体質が似たら同じ病気になる確率もあるでしょうし。・・・色々考えますね
来世があるなら・・・人間でなく、植物に生まれたいです。出来ればバオバブとか・・・
kayoko
2009年05月29日 22:29
>くさ太郎さん
くさ太郎さんの文章の書き出し…、ちょっとビックリしましたが、書き間違えですよね。
私も、じゃなくて私の…の。
お母さまはその後何事も無くお元気にしていらっしゃるようで、何よりです。
親孝行かぁ~。なかなか出来ないものです。私などは未だに母に色々助けてもらっている立場です。
来世…、私は今生だけで、もういいかな。

>ところで、hokutomama
本日、ビセイインコで検索していたら、hokutomamaの新しいブログ見つけちゃったわん! 
hokutomama
2009年05月30日 14:05
こんにちはぁ~

>hokutomamaの新しいブログ見つけちゃったわん!
・・・ひゃぁ~(^_^;)見つかってしまったのね。。。
あまり更新もできないから言う機会がなくってね
時々は更新すると思うので覗いて見てくださいね(^o^)
kayoko
2009年05月31日 20:22
>hokutomama
最近は私も週一の更新です。
お互い頑張りすぎずに行きましょう。 会社のお昼休みにチェックさせていただきます。
くさ太郎
2009年06月03日 21:01
あれ?そうです
「私の」です
スイマセンm(。。)m
kayoko
2009年06月03日 22:54
>くさ太郎さん
よかった! 親子ともどもかと一瞬ドキッとしました。

この記事へのトラックバック