地震…れい&ここは無事です!

3月11日14:46社内が揺れました。
はじめはゆっくりと揺れてきたので、遠いところの地震だなぁ…と思ったのですが、揺れはだんだん激しくなるばかり。私は、「ドアをあけたほうがいいんじゃない」と思ってドアに向かって動き出しました。「まだ歩けるからそれほど大きくはないんだ!」と思いながら。ブラインドを上げた窓から見える前のビルも、東京スカイツリーも左右に揺れていました。

携帯電話は、すぐにつながらなくなりましたが、電気は止まらずネットは見られる状態でした。仕事は前日までは月刊誌やら3ヶ月に一度のものがあってかなり忙しかったのですが、当日は月刊誌は校了日を終え、3ヶ月に一度の仕事も、当日のお昼にお客様に初校を収めたところでちょっと一段落の状態でした。

その後、初めの地震が収まったと思ったのも束の間、また揺れが。小さな揺れも含めてなんど揺れたことか。

そんな中、母からメールが届きました。
「地震、大丈夫」と。15:26
ほかの携帯会社(S社)の方は携帯電話もメールも使用できないといったけど、「メール使えるんだ」と、すぐに無事である旨返事を送りました。
送信ボタンを押してから…送信しました…と表示されるまでいつもよりかなりの時間がかかりましたが、送信できました。(因みにdocomoです)

16時ごろ、本社から「仕事に差し支えのない人から帰宅するように」と連絡がありましたが、既に電車はすべて止まっている状態で、皆帰る足がない!

さらに数分後、また本社から「1人1万円までタクシー代を負担する…」との連絡。

その後、同じ最寄り駅に住む男性と、埼玉県朝霞市に住む(帰宅が難しいと思われる)女性と3人で、17時に会社を出て、徒歩で自宅に向かいました。多分サッサと歩けば40分くらいだと思うのですが、初めて歩いたので少々時間がかかりましたが、17:50くらいには無事、家にたどり着きました。

「テーブルの上に置いた鳥かごが下に落ちていないか」「ショック死をしていないか、いやいや、ショック死まではいかなくとも、暴れて羽が抜けたりしていないか」……とかなり心配したれいここも無事でした♪
家の中も、軽いものが少々倒れていたり、和室のお琴2面が押し入れの前に倒れていたりしましたが、ほかに壊れたものもありませんでした。

その後も母とは携帯メールでの連絡がとれ、弟も姪もみな徒歩で無事帰宅したとのこと。皆会社までそれほど遠くなかったので、よかった!
また、深夜までには会社の同じグループの人たちとも連絡がとれ、皆無事に家に帰り着いたとのことでした。でも、結局タクシーを拾うことはできず(拾えてもかなりの渋滞だったはず)、徒歩で帰宅したようでした。夕食をしようと出かけた、JRの最寄り駅のバスターミナルは、何処も長蛇の列でごった返していましたよ。
結局、電車は終日動かなかったので、朝霞の女性はわがやに泊まりました。

昨日土曜日は、いつ大きな余震がくるかも知れないので怖いし、前日の疲れもあり一日家でTVを見て過ごしました。
そして、本日は、スーパーに買い物に出かけましたが、買おうと思っていた、水、カセットコンロのボンベは既に売り切れ状態。まぁでも、宅配で頼んでいた水(1.8L×12)の備蓄もあるし、使用していないカセットボンベも予備が3つあることだし、とりあえずは大丈夫かな。そしてまた、災害用ラジオの単2電池は買うことができました(単1電池は売り切れでした)。

更に大きな地震が来ることはないとしても、福島原発の停止が長引きそうですし、停電も考えられるのでカップ麺なども購入しました。もちろん、鳥さんのシードも余分に購入しておきました。

本日のれいここ

画像


以上が、今回の地震で私が体験したことです。
東北地方のすさまじい現状をTVで眼にするたび、わが身の幸せを感じています。
被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。
私にできることがあるのかどうか分かりませんが、これからも何が出来るのか考えていきたいと思っています。

画像


最後に、トトウリママ、そしてポポちゃん王国のMitsukoママとも連絡がとれていて、王国の鳥さんたちもみんな無事ですのでご心配なく。

とりあえず、明日は出勤しなくてはならないので、二羽の籠の置き場所に気をつけて出かけたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

くさ太郎
2011年03月14日 01:40
ちょこっと東北に近いくさ太郎です
今日から断水していて、明日から輪番停電に朝食時間と夕食時間がひっかかります
それでも、私たちはマシ!だから頑張れ!と思ってます
一回目のゆれで、すぐさま「帰ります!」自宅に帰りました。
その後、家の中も鳥たちも大丈夫で、順番に帰る子供たちも無事で・・・良かった良かった、とのんびりしていたら、水も災害用の何かも、店頭から消えてました
すぐさま家に直行じゃなくてお店に直行しなきゃいけなかったんですね

不自由ですが、無事です^^
kayoko(会社)
2011年03月14日 12:28
くさ太郎さん
原発も停止している状態だし、突然の停電に備えておいたほうがいいと思って…、買い物に行きましたが、動きが遅かった。
みんな、早いですね。トイレットペーパーやティッシュもいくつも抱えていました。
でも、私が住んでいる区は停電のグループには属していないので、ちょっとは安心しましたが、すぐに電力状態が改善されるとは思えないので(完全復旧は、年単位でしょうか)、突然の停電にも備えたほうがよいですよね。

私は、不便だった昔を体験してはいますが、今は機器もみんな変わってしまって…。固定電話だって電気がないと使えない。ガスも給湯機は電気起動だし…、水道もマンションだと電気がないとポンプが動かない。便利なようで返って不便になっているような気がします。
やはり、ALL電化は怖いです。
今の生活を考え直すいい機会かもしれませんね。
レガシー
2011年03月14日 22:04
kayokoさんこんばんは!
すっかりご無沙汰しています。ブログは読ませていただいていますが、コメントするのは久しぶりです。

地震怖かったですね。私はその日埼玉県上尾市の友達の家に行っていて、帰る事ができませんでした・・・

主人がたまたま休みを取って家にいてくれたので
インコズも母も任せる事が出来たので 安心して
友達宅に泊めてもらいました。
翌日帰宅するのに5時間も掛かりましたが。

本当に、今の最新鋭の生活は こういう時に全てダウンですね。。。
あ、ちなみに固定電話は停電でも通話は出来ましたよ。
電話回線が無事なら電気がなくても大丈夫です。
留守電機能や着信音が通常と異なりまけど。。。

私もオール電化は怖いです。
ネオンや街灯等の明る過ぎる街や 暖房冷房の多用など、生活を見直すべきですよね。
kayoko
2011年03月15日 17:55
レガシーさん、こんにちは。
お久しぶりです。私も、レガシーさんのブログ読ませていただいています。

レガシーさんはお出かけだったのですか。
家庭には備えがあっても、どこで遭遇するか分からないのですよね。

わがやの固定電話、前のものは電気を抜いても通じたのですが、今のは買った時に試したら使えなかったような気がしたのですが…? こんど確認してみます。

昨日から会社帰りの街が暗いですね。特に私の最寄り駅付近には何軒もパチンコやさんがあるのですが、ネオンは消えているし、18時でシャッターを下ろしたお店もありました。
若い人たちはとても不便だと感じるでしょうが、私は古い人間なので、コンビニも24時間営業の必要はないと思っています。

スイッチ一つで、お湯が沸いたり、ご飯が炊けたり、暖かくなったり(涼しくなったり)、家庭に備えがなくてもコンビニに行けば当座を凌げる…と、すっかり便利な生活が当然のようになってしまったけど、もう少し前の時代に戻ることを考えてもいいかな…と思いますね。