脳動脈瘤…

この土・日は、東京では雨や曇りではっきりしないお天気でした。

先週は仕事はそれほど忙しくなかったのですが、会社のファイルサーバーへのアクセスが遅くなり、サーバー上での作業に異常に時間がかかり、会社を出るのが連日18:30過ぎになってしまいました。
実は、その前の週末に会社のプロバイダ変更を行い、各々のPCのDNSサーバーのアドレス変更をしたのですが、その後、WinXPからのアクセスが遅くなり、さらにサーバー上のファイル(例えばPDF)を開くのに約1分ほど時間がかかるようになってしまったのです。しかも、Macからのアクセスは以前と変わらずなのに、Win(特にWinXP)からのアクセスだけが遅くなったのです。
同じ部屋で仕事をしている人はほとんどがMacで、Winは3人だけなので、Webで色々調べたり、既に定年退職されたWinに詳しい人にメールで問い合わせをしたりしたのですが、結局、解決しないまま1週間が過ぎました。
私たちはもうお手上げ状態なので、導入しているサーバーの会社に問い合わせ中です。
3月5日からは、月刊誌や3か月に一度の仕事がはじまるのでそれまでに問題解消してくれないと困るのですが…。

さて、昨日はれいこことともに、雨が上がった午後から実家へ出かけてきました。
実家での夜の放鳥中に、れいが私の頭に乗ってきたのですが、爪が伸びているようで、チクチク痛い! そこで本日は、れいの爪切りをしました。はじめは掴んでいる私の指を噛んだりしましたが(それほど痛くはない)、切り始めたら結構大人しくしていてくれました。目が老眼なので爪切りはちょっと大変なんです。

画像


画像


その後、お昼頃から約2か月ぶりくらいに美容院に出かけてきました。
美容院でいつもカットをしてくれるのは、私と同い年の男性なんですが(もう30年以上のお付き合いです)、実は、2週間ほど前に、大きな手術をしたばかり。
2年ほど前に、ひどい頭痛があり病院に行ったところ、頭痛の原因は目の疲れと思われるけれど、血圧が高いことを指摘され「一度脳のMRIを撮ってみたら」と、MRIのある病院を紹介されたそうです。そこでMRIを撮ったところ、思いがけず、脳動脈瘤が発見され、その時は「それほど大きくないので、1年に1度検査をしましょう」ということに。そして、昨年秋に再度検査をしたところ、手術をしたほうが良いと思うと病院を紹介されたのだそう。
脳動脈瘤の術式は2つ。開頭して瘤の根元をクリップで止めるクリッピング法と、太ももの付け根からカテーテルを入れ、脳動脈瘤の中をプラチナコイルで詰めて塞ぐコイル塞栓術。
紹介されたお茶の水のJ病院でバレンタインデーの2月14日にコイル塞栓術を受け、術後の経過も順調で5泊で退院。先週の金曜日からはお店にもでているとのことでした。
とても元気そうな顔で、いつ破裂するかわからない心配を抱えていた昨年末から比べると(奥さんともども)すっきりした様子でした。
「手術費が高いよ~」と知り合いから聞かされて、ちょっとビビッていた彼ですが、「いくらかかった?」と聞いたら、「予想通り300万円程度で、健康保険の3割負担で100万円弱だったけど、高額医療となることがわかっている場合には、書類を提出すれば、高額療養費相当額を差し引いた額を医療機関に払えばいいという制度があったので、それほど大きな金額にはならなかった…」と。
3月頃に手術予定だったけど、病院のアキができたので2月になった…と聞いていたので、心配していましたが、無事手術が成功してよかった!

私も少々血圧が高めなので、脳ドック受けたほうがいいかな~と思う反面、知らなければ知らないで済んでしまうものが、もしも見つかってしまうのも怖いなぁ~とも…。

画像


東京スカイツリーは、ときどき点灯練習なのか、色づいていることがありま~す。

画像


今朝がた5時頃、あまりの喉の痛さに目覚めました。風邪なのかどうか? また喉だけがヒリヒリ痛い…。やだなぁ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント