哀しいご報告

 突然のご報告ではありますが、れいが、1月16日午後9時に旅立ちました。


これまでの経過をご報告いたします。

1月年明けから、れいの体調が悪そうだなぁ・・・と思っていました。
それは、
まるで毬のように膨らんでいる、そして、敷紙がかなり濡れている。
そして、そして何より、抱っこすると胸の竜骨がとがっている。「12月まではこんなにとがっていなかったような?」と不安になり、体重を量ってみましたが、その時は73gもありました。
その後、5日に横浜小鳥の病院に連絡して11日の朝9時の予約を取り、部屋の温度を26℃に設定して会社にでかけていました。

画像

1月9日(土)は、今年初めての鳥さん会でした。家に置いていくのも可哀そうなので、一緒に出掛けましたが、キャリーから出さずにみんなと一緒に過ごしました。

画像


1月11日、朝9時少し前に病院到着、ほぼ時間通りに診察室に呼ばれました。
体重を量った先生は、「体重は前回診察時と同じ68gですが、こんなに痩せているのに同じと言うのは・・・」
そして、触診して、お尻のあたりに腫瘍があるのでは? とおっしゃいました。
その後、レントゲン、超音波、そして血液検査の結果、
「精巣か腎臓の腫瘍と思われますが、位置からして多分腎臓だと思います。」
そして「腎臓の手術はできないので、今後は部屋の温度を高く(30℃)して、お薬を飲む治療になります。・・・あまり長くないかも知れません。」・・・
「高圧電位治療という治療をしたいので、1週間に1度通院できますか?」と。
そして、この日、一度目の高圧電位治療を受け、1月16日の予約をして、お昼に病院を後にしました。

画像

その後、二日ほどはちょっと元気になった様子で、夜の放鳥時に、久し振りに籠の入り口の扉の上に出てきたりしました。高圧電位治療のおかげなのかな? と思った私です。

画像


この間も、私は仕事がかなり忙しく、残業続きのため帰宅時間は9時~10時でした。突然亡くなることもあると、先生からは聞いていたので、会社から帰るとこわごわと様子を確認していました。その後、金曜日頃からはかなり体調が悪そうでしたが、何とか、通院日の土曜日を迎えました。

画像

この日、午後1時半ごろにちょっとした異変がありました。
足元が悪くてちょっとふらついたのか、小さな声をあげました。急いで抱き上げたら、あまりに痩せているので哀しくなってしまい、「れいちゃん、もう頑張らなくてもいいよ・・・」と言ってしまいました。

画像

それまではいつもの籠でしたが、プラケに近いキャリーに移しました。
とってもつらそうなのに、ご飯だけは始終食べていたれいです。実際どれ位胃に入っていたのかはわかりませんが、生物として、「生きるためには食べなきゃ」という本能のような気がしていじらしく思えました。

画像

夕方6時の予約だったので、4時半ごろ家をでました。
病院で診察を受けた時、体重はたった5日で12gも減って56gとなってしまっていました。
先生は、「触診でも腫瘍が大きくなっています。進行の早いものなのでしょう」と。
高圧電位治療を受け、お薬をいただいて帰宅したのが午後8時半ごろ。

れいは疲れたのかキャリーの中でじっとしていました。お薬水を入れて母と電話をしていた時、ふと見るとれいがスクッと立ち上がり大きく目を見開きこちらを見ていました。「あら~? れいちゃん!」と言ったら、少し動きお薬の入った入れ物を倒してしまい、敷紙が水浸しになってしまいました。
そこで、母との電話を切り、キッチンペーパーを持ってきて、れいを左手で抱き上げ、敷紙を替え、ちょとだけ頭を「イイコイイコ」して敷紙の上に戻してあげたところ、足がちゃんと立たない! そこで足を治してあげようとしたところでハッとしました。
この時、れいはもう旅立っていたのです。
「ピ~」とも鳴かず、でも、まったく苦しむことなく逝きました。

画像

その後、1週間、れいはわがやの冷蔵庫で眠っていましたが、本日、朝8時過ぎにペットの葬儀屋さんにより荼毘に付されました。丁度10年前の1月21日にゆうが旅立った時と同じ方が、今回もれいを優しく旅立たせてくださいました。

1週間たち、私の心もようやく落ち着きを取り戻しつつあります。
ここのためにも、早く元気にならなくては・・・と思っています。
因みに、ここは具合の悪いいがいるときには、始終泣き叫んでいましたが、今は落ち着いています。でも、ちょっと狂暴さが残っていて、夜のイイコイイコのときにも、差し出す私の手にかみついたりします。が、私も無理やリ捕まえてイイコイイコしています。

画像


本日は、れいの再診予約を入れていたのですが、れいの報告を病院にして、ここの健診に変更してもらいました。なので、あと少ししたら、こことともに病院に行ってきます。雪が降る予報が出ている東京ですが、どうでしょうか?
それにしても丁度10年前のゆうが亡くなった日も東京に6cmの積雪があったのです。雪は好きな私ですが、哀しい思い出がまた増えてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すみれ
2016年01月30日 11:37
こんにちは

kyokoさん、少しは気持ち、落ち着きましたか?


私もこの記事を目にし、とても驚いてます


ここちゃんにカキカキしてもらっているレイちゃんの顔は凄く幸せそうで、見ているこちらも、気持ちが和みました

それを もう見られないのかと思うと、とても残念です


私も人に言えたクチではありませんが、「もっと こうしてあげれば良かった」とか、あまり悩まないで下さいね

レイちゃんが心配してしまうので…
kayoko
2016年01月30日 23:41
すみれさん

こんばんは。
書き込みありがとうございます。
今日で2週間経ち、心も落ち着いてきました。

れいは、だいぶ前から体調が悪かったのかもしれませんが、気付いてから半月ほどで逝ってしまいました。

私がそばに居る時に旅立ってくれたのが唯一救いです。

ここのためにも早く元気になりますね。
2016年01月31日 14:38
はじめまして。。8年ほど前にビセイインコが気になって検索でれいちゃんとこのブログに会いました。
こちらでビセイインコがとっても気に入り、お迎えを決め、現在7歳と4ヶ月のれいちゃんと同じノーマルビセイの男の子と楽しく暮らしています。

時折、思い出しては、こちらで美しいれいちゃんと、かわいいここちゃんに癒されていました。

youtubeの動画もよく見させて頂いていました。
先ほど、れいちゃんの事を知り声に出して泣いてしまいました。
悲しくて仕方ありません。

ビセイインコの魅力をいっぱい教えてくれて有り難う。
れいちゃんの大ファンでした。

うちの子「てん」と出会えるきっかけの一つでもありました。
kayokoさん、ともども本当に有り難うございました。
本当に悲しいですが、早く元気になられて下さいね。
kayoko
2016年01月31日 20:16
保さん、はじめまして。

ビセイインコと暮らしていらっしゃるんですね。
れいのファンと言っていただけて嬉しいです。

私もペットショップで出会って連れ帰ってきてから、ビセイインコの可愛さを知りました。
のほほんとしているようで、すばしっこく、ホント、不思議な鳥さんでした。

あと少しで10歳を迎えるはずでしたので、本当に残念でした。

ここもいるので、早く元気になります!
キキ
2016年02月06日 16:11
先々週に記事を読ませていただいたのですが、
言葉が見つかりませんでした。
今も何を書いたら良いのかわからないままなのですが…。
きちんと健康診断もされていたのに、
本当に残念としか言いようがありません。
ここちゃんはいかがですか?
まだまだ寒い日が続きますので、kayokoさんも
お体に気をつけてくださいね。
れいちゃん、かわいい姿を見せてくれて
ありがとうございました!
ゆうちゃんといっしょに
ここちゃんとkayokoさんを見守ってくださいね。
レガシー
2016年02月06日 21:59
最近何かと慌ただしく ご無沙汰しておりましたが、
まさかれいちゃんが・・・

急なことでしたね、
でも 苦しまず安らかに kayokoさんの居るところで
天に飛び立っていかれたのですね
れいちゃん良い子でしたね
綺麗で可愛いインコさんでしたね
また会えると思っていたのに残念です

あちらで ゆうちゃんと kayokoさんの事を語り合っているでしょう。

kayokoさんも お仕事お忙しそうですが
どうぞお身体お大事になさってくださいね。
kayoko
2016年02月07日 19:00
キキさん

書き込みありがとうございます。
いろいろお気遣いいただきありがとうございます。

ここは今のところ変わりなく見えます。
でも、毎朝会社に行くときには、玄関の扉を閉めてもここの鳴き声が聞こえてきます。きっと心細いのでしょうね。

このまま1羽でいいのかな? とかいろいろ考えてしまいます。
kayoko
2016年02月07日 19:02
レガシーさん

そうなんです。急に、そしてあっという間に逝ってしまいました。

れいはいなくなってしまいましたが、また是非遊びに来てくださいね。