「すみません」と…

今日は空気が少しだけ冷たかった帰り道。自宅近くの商店街を歩いていると「すみません」と声をかけられた。20代半ばくらいの黒いコートの女性。てっきり何かをたずねられるのだと思って「はい」と答えると「おかおの…かんそう…」雑踏でよく聞き取れないのだが、私の顔が乾燥しているというのか、美容部員の勧誘? と思いながら、「えっ?」と聞き返すと何やら「眉間に○○○という相がでている…」とかおっしゃっているように聞こえた。もう一度聞きかえしてみたが相変わらず聞き取れないけど「○○○相というんですよね」というようなことをおっしゃっている。「急ぎますので、ごめんなさい」とふりきって歩き出しましたが、これってよく聞く宗教の勧誘かな? 今日は時間内に仕事が手一杯で出来なかったInDesignの独習を、帰りがけ1時間半ほど悩みながらしてきたので眉間に皺が寄り、悩みをかかえるオバさんに見えたのでしょうか~。
画像

本日も二羽は元気でステレオ周りで遊んでいました。デジカメは相変わらずうまく撮れませんね。シャッターは前より早く落ちますが、ピントがいまいち合いません。ただ、以前よりかなり小さいカメラになったので、二羽があまりカメラに寄ってこなくなりました。以前は近づいてきてカメラの上に乗ってしまうことも度々でしたが(特にれい)、こんどは幅が薄いので、乗ろうとしないのです。そのうちよい写真が撮れるようになるかな。
↓ピンボケここれいはじっとしてくれるので少しはましです。
画像

画像


"「すみません」と…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント