細かい仕事

昨晩新組みをした原稿は、校正用PDFを作成して、それを編集宛に送信後帰宅しましたが、今朝8時前には校正が戻りました。そしてその後もう一度校正が入り、校了となりました。原稿の出は遅いのですが、割りにきっちりと点検される方のようで、二度の校正も結構赤(校正)がはいりました。今回はこの方のページが、この月刊誌全体の中で最後だったらしく、このページが終わるのを待っていたとのこと。そして最後の青焼き校正まで本日中に済ませるということで、20時まで他の仕事を進めながら待機…。結果、青焼き校正も無しで、今月も無事終了。
待ちの間に、ぼちぼち入稿してきている月中の月刊誌の特集ページのレイアウトを、見本を見ながら作成。哀しいかな老眼も進んで、細かい寸法(定規のメモリ)が見えないので、ルーペを覗きながらの作業です。なんせ、ミリ単位以下の細かさなんです。

画像


画像


帰宅時、空には明るいお月様が出ていました。今、半分より少し膨らんできたところでしょうか。

"細かい仕事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント