気持ちの落ち込む休日

本日で2月もおしまい。
ようやく春めいた気温となってきた東京ですが、週末のお天気は悪く、今日も午後になってからようやく明るくなってきた空模様。

昨日土曜日は出勤で、会社に着いたのが一番早かったので、私が鍵を開けることに…。ただ鍵をあけるだけでなく、セキュリティを解除しなくてはならず、それも2分の間に行わなくてはならないというプレッシャーのかかる作業。今まで数回したことがあるけれど、閉めるときのほうが、暗い中でセキュリティをかけ、鍵を閉め、キィボックスに鍵をしまうということに緊張が伴うのです。
昨日は開錠だったので、数度体験しているし…と気楽にキィボックスを開け、二ヶ所ある鍵穴の一つ高い方にキィを差し込みました。鍵はカチャッとあいたけれど、いつものように鍵が抜けない。高いほうの鍵穴は、身長158cmの私が少し背伸びをしないと届かない位置にある。何度も背伸びをして挑戦したのだけれど、なんとしても鍵が抜けない。そのうち、足が攣ってしまった。ようやく開いて中に入ったのは、8:04。多分2分以上経過しただろうなぁ…と思っていたところ、案の定、セキュリティ会社の人がやってきてしまった。
1回セキュリティ会社の人が来るたびにいくらかかかるのかなぁ…? 失敗!

失敗といえば、先週発覚したのだけれど、2月初めに作業したお仕事で、不適合を発生させてしまいました。2月初めに入稿して、2月22日の会で配る…という、大急ぎの仕事だったのですが、1枚写真を貼り忘れてしまったのです。
送られてきたデータをコピーして原稿作りをする際に、テキストと画像データが別々のファイルだったのに、その画像データのコピーをし忘れてしまい、おまけに本文中には画像の入る位置の指定もなければ、図参照の文字もなかったため、すっかり忘れてしまったのです。
本を見たご本人(と思われる)方からの指摘で、気がついたというわけです。今、先方は印刷をし直すかどうか検討中で、結論が出るのは明日以降かな…?(あ~ぁ、やってしまった)

そんなこんなで、ちょっと気が重い休日(仕事は相変わらずかなり忙しいし…)。
ちょっと早めの15時過ぎに放鳥しようと、二羽を出したけれど…。ここはいつものように、エアコンに飛びつき、ガリガリ、パリパリと音が。追い払って見てみると、エアコンの上のフィルターのプラスチックが一部割れている。そこで、「こらぁ~!」と。
下に下りてきた二羽。その二羽に顔を近づけたら、なんとれいが又私の目の下に噛み付いた。そして、その後も私の手を何度か二羽で噛む…噛む。
「きっと、二羽にとっては春♪なんだろうなぁ…」とは思ったものの、なんとも私の気持ちの怒りが収まらない。
「なんで、私にカミツクの?」
そこで、二羽を追い掛け回して捕まえ、かごに押し込み、おやすみカバーをかけたところ↓。

画像


この1時間後、放鳥してあげようとカバーを外したら、れいは「きりきり」と威嚇の声をあげ、すごい形相で私の顔を見つめ、ここはエアコン目指して、籠の中で暴れているので、またカバーをかけ、今これを書いています。

こんなことしてたら益々、嫌われるんだろうなぁ…と思うけど。あとでカバーはずしてご飯を入れ替えようと思っています。でも、今日はもう放鳥しません。

なんだかなぁ…の2月最後の日曜日です。
明日から弥生3月、気分を入れ替え頑張ろう…と思いつつ、本音では、こんな状況(忙しさ)でのお仕事は辞めたいなぁ…というところです。

そうそう、乳がんページに再検査の結果追記しました。異常なしでした。

"気持ちの落ち込む休日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント