海の香り

先週末金曜日(9日)の朝、出勤前に少し時間の余裕があったので、リフォーム中のわがやに寄ってみました。

画像


天井クロスは既に貼られていて、壁も下塗りが済んでいましたが、“真っ白~”。

画像


土曜日は、10時前にお茶とお菓子を持って出かけたところ、玄関ドアが開いていて、中でタイルやさんがタイルを切断しているらしく、機械の音が響き渡っていました。見えるところにいらしたので、「おはようございます」と声を掛けましたが、機械の音で聴こえないよう。機械の音が止まるまで暫し待ってから再度声を掛けました。

この日は良いお天気。
お昼前から、いつものようにあれこれ買い物をして実家へ届けに行き、そのまま夕方まで実家で過ごし、その後午後6時に、高砂のお好み焼やさんに出かけてきました。
今年の4月までは、同じ高砂に住んでいたトトウリママの家で鳥さん会を開くたびに、必ず夜はこのお店でお好み焼&もんじゃを食べて帰っていました。ところが、トトウリママは日本橋に引越してしまったので、なかなか食べに行くチャンスがなくなってしまったのです。久しぶりに食べたもんじゃ&お好み焼、そして生グレ(生グレープフルーツサワー)…変わらず美味しかったです。加えて、お店も鉄板も相変わらず、清潔で綺麗! ピッカピカです。 コーヒーゼリーのデザートまで食べて、お腹は満腹、これで¥3000。定期的に行きたいお店です。
因みにお店は吉兆という名前で、こちら、お近くの方は是非…お近くでなくても柴又などへお出かけの際には是非寄ってみてください。ここのもんじゃは、有名な月島のもんじゃやさんよりも、ピカイチ美味しいと、トトウリママほかグルメな方達のお墨付きです。

画像


久しぶりに、水浴びをした二羽。

画像


画像


日曜日。昨日持って行ったお茶を入れたクーラーボックスを下げに、またわがやへ出かけてきました。
玄関を開けて、中へ入ったとたん、「あっ、海の香りだ~」。
ガラス戸にはこんなかんじに水滴が…。

画像


ウィキペディアによると…
珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

更に、あるHPには
…本物の珪藻土を作るメーカーさんは糊も100%天然成分にこだわります。その天然糊とは海藻糊。
ですので、塗っている最中、乾ききる前は「海の香り」がします。

とありました。それで海の香りがするんですね。

画像


と、この日は生憎デジカメの電池切れで2枚写真を写したところで、×。

午後から錦糸町まで歩いてでかけ、和室に置く小さなTV台を探したのですが、今時は奥行きは薄いけど、幅は90cm以上のTV台しかありませんでした。やっぱりネットで探すしかないかな…。

画像


画像

"海の香り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント