2016年も、あとわずか

2016年もあと1時間ほどとなりました。

今年は年明け早々にれいが旅立ってしまい、哀しい年明けとなりました。
1羽残されてしまったここを心配しましたが、ここは思ったより強い心の持ち主で、私が居ない昼間も一人でお留守番をしてくれました。
約2か月とちょっと経った頃、縁あってれいと同じビセイインコのみもをお迎えすることができました。
みもは、人に慣れないビセイインコということに加え、ペットショップに7か月もいたので初めは籠からなかなか出てきませんでした。

ペットショップにいた時間よりもわが家にいる時間のほうが長くなった最近になり、ようやく少し慣れてきてくれたようで、日曜日など昼間の時間に、籠の中で止まり木の上を左右に動き「フニィフニィ~♪」と泣き叫ぶようになりました。
籠の扉を開けてあげると、籠から出てきてリビングに飛んでいきます。そして、リビングの棚の上のほうに止まり、暫くするとまた自分の籠の上に戻ってきます。

↓下の写真も、本日昼間のその光景です。

画像

ここを籠から出してあげるには、エアコンを悪戯されないようにガードしたり、ちょっと準備に時間がかかるので、みもだけ放鳥しました。

画像

籠越しのみもここれいとの時のように、なかなか仲良しにはなれない二羽ですが、籠の中ではこのようにそばにいることが多いです。

画像

籠の境目にはビニールをしています。何時の日かこのビニールが外せる日が来るといいなぁ・・・と思っています。
実は、一度ビニールが破れてきたので、思い切って外してみたことがありました。しかし、その日の夜にみもの右の鼻の穴の付近に傷を発見し、慌ててプチプチのビニールをかけ直しました。

来年は酉年ですね。
二羽の関係がどのようになっていくのか分かりませんが、とにかく二羽が元気で楽しく暮らしてくれればと思います。

更新が滞りがちな最近の私ですが、二羽の日常を皆様に報告できるように心がけますので、来年もよろしくお願いいたします。

今年もありがとうございました。 どうぞよいお年をお迎えください。

"2016年も、あとわずか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント