骨折のその後

今年もあと1週間ちょっととなりました。

3月26日の骨折から半年過ぎた9月から診察は1か月おきとなり、今日はお薬のみいただきに病院に行ってきました。

踵の骨折は予後が難しいとのことですが、早いもので9か月が過ぎ、足の痛みはそれほど感じなくなりました。本格的には走れませんが、信号の変わり目などには気を使いながら走っています。なので本来ならそろそろ通院は終了なのかな。
 まだ、色素沈着は残っています。

20191223ashi.jpg

しかし私の場合、骨粗鬆症ということが判明してしまったので、お薬による治療が続いています。写真左は「エディロールカプセル」という骨粗鬆症治療剤(活性型ビタミンD3製剤)、そして右は「フォルテオ皮下注キット」というテリパラチド(遺伝子組換え)注射剤です。それぞれが併用注意(血清カルシウム値が上昇するおそれがあるため)のお薬ですが併用しています。そのためか、診察月には、血液検査と検尿も行っています。

20191223drug.jpg

この「フォルテオ皮下注」は、毎朝腹部に注射するのですが、腹部って結構場所によっては針を刺すと痛いところがあるんですよね(ちょっと刺して様子を見ます)。それにこのお薬は8℃以下保存なので、お出かけ時には保冷剤をいれたバッグに保存して出かけなくてはなりません(製薬会社から支給あり)。2年間使用するようなので、終了予定までにはあと1年3か月。お泊りの旅行はちょっと面倒になっちゃいますよね。

ほんの一瞬の私の不注意からの怪我ですが、治るまでには松葉杖生活など本当に大変でした。実家の母や弟家族に助けてもらってようやく復活できました。
普段、一人で気ままに暮らしている私にとり、友人や家族のありがたさを本当に実感させられる年となりました。

そんな1年でしたが、楽しいこともありました。松葉杖でもでかけたtakuちゃんライブ計3回。思い出に残るtakuちゃんライブとなりました。

"骨折のその後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント